2018年02月22日

自分達で動けるようになってきました。


今日は、落合教室の稽古日でした。

インフルエンザで休んでいた生徒が、

元気になって稽古に来てくれました。

元気な姿を見るとうれしいですね!


でも、油断は禁物。

手洗いうがいに、よく食べ、よく寝て、よく動く(遊ぶ)

予防に努め元気な体を維持していきましょう!



生徒達も、だいぶ自分達で動けるようになってきました。

複数年稽古をしてきた生徒は、

ある程度指示をすれば、基本+工夫しながら取り組んでくれます。

入会してすぐの時期は、当然1〜10まで指導が必要ですが、

次第に、先輩達の動きを見て真似をしながら覚えていきます。

分からない時は、

「先生、教えてください。」

「○○したいのですが、どうすればいいですか?」

といった質問をしてくれます。



こちらからすべて伝えて、指示待ちにしてはいけないと常々考えていますから、

できるだけ、必要なことのみを伝え、

後は、生徒自身が考えて取り組んでいけるようにしています。



image.jpg



image1.jpg



image2.jpg



image3.jpg






posted by 友杜矢 at 23:45| 広島 ☁| Comment(0) | 落合教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

元気な姿を見ると、元気をもらえます!


今日は、落合教室の稽古日でした。

小学生前半クラス、後半クラスともに、

たっぷり体を動かしていきました。


以前の記事にアップしましたが、

生徒たちの体力がアップしてきているので、

現在、トレーニング、稽古の強度を高めています。


みんなしっかりこなしています!

この調子ですと、早い段階でさらに強度アップしてもいいかなと思います。


どの教室の生徒も、本当に元気いっぱいです!

そんな元気いっぱいの生徒達から、

私はいつも元気をもらっています。

みんなありがとう!

元気があればなんでもできる!!  ですね。



image1.jpg



image2.jpg



image3.jpg







posted by 友杜矢 at 22:29| 広島 ☀| Comment(0) | 落合教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

互いに声をかけあい 互いに協力しあう


今日は、落合教室の稽古日でした。

ありがたいことに、稽古が始まる午後4時頃に陽が照りまして、

動きやすい中で、稽古を進めることができました。


生徒は、すぐに体が温まるのでしょうか、

30分のトレーニングを終えると、額に汗をかいていました。

この寒い時期に汗をかくことはいいことです!



さて、今日は久しぶりにカラーボールを使ったトレーニングを行いました。

目と手の協応力を高める、動体視力を鍛えることを目的としたトレーニングです。

このトレーニング、生徒には人気でして、

みんな張り切って取り組んでいます!


このトレーニングを通して、

大切にしていることがあります。


バディを組んで進めていく中で、

互いに、こうして欲しい、こうすればいい、こうしよう!など

声をかけあい、協力し合って取り組むことを大切にしています。


各々の思いや考えを伝え、

一緒にどうしていくかを組み立てていく。


こちらから与えられたことをそのまま取り組むのではなく、

与えられたことをもとに、

相手のことを考え、思いやり、

共にそこからの広がりを作っていける力を

身に付けていってほしいと思います。



image.jpg



image1.jpg



↓↓↓ 小学生後半クラス 

久しぶりのルーレットジャンプ、すばらしい団結力を見ることができました!

image2.jpg







posted by 友杜矢 at 23:21| 広島 ☀| Comment(0) | 落合教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

言葉から変えていく


今日は、落合教室の稽古日でした。

只今、落合集会所は外壁の改修工事中です。

塗り替えにより、きれいになった集会所を早く見てみたいです。


保護者の皆様には、送迎の際大変ご迷惑をお掛けしております。

3月15日まで工事がかかるそうですので、

恐れ入りますが、ご協力のほどよろしくお願いします。



さて、久しぶりの鉄棒トレーニング。

前半クラス、後半クラスともに、

腕の筋持久力、体幹力が非常に弱い!

しっかりできているといえる生徒は、3〜4人。


生徒には、このトレーニングの状況から、

突きや蹴りの場面、組手の場面で

どんなことにつながっているかを伝えました。

それぞれ自分の弱点を知ることができました。

これをしっかり頭の中に入れて、

ひとつひとつのトレーニング、稽古に打ち込んで行きましょう。



今日のトレーニングにて、気になることがありました。

それは、生徒の言葉です。


ある動作を行う前に、

「ぼく、それできない!」 「たぶん、無理だと思う。」

という言葉を発する生徒がちらほら。


その言葉を聞いてこう伝えました。

「はじめからできない、無理と思うとできんよ。

自分で決め付けたらダメ。できるところまでチャレンジしてみなさい。」


この言葉を聞いた生徒たちから、

少し前向きに取り組む姿を見ることができました。


言葉は、とても大事です。

「それできない」 を、「○○までならできるかも!」

「たぶん無理」を、「無理かもしれないけど、○○のところまでチャレンジしてみよう!」

と、少し言葉を変えるだけでも、

気持ちが変わり、体の動きも変わります。

ひとつひとつがんばっていきましょう!


image1.jpg



image2.jpg



image3.jpg



image4.jpg



image5.jpg







posted by 友杜矢 at 22:38| 広島 ☀| Comment(0) | 落合教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

空手教室でも、学校でも、お家でも


今日は、落合教室の稽古日でした。

今日は、雪が降る中、子供さんの送迎をしていただき

ありがとうございました。

また、今日のような天気が続くかと思います。

保護者の皆様、道中くれぐれもお気をつけ下さい。



さて、そんな寒い中でしたが、

生徒たちは、稽古前には鬼ごっこをして遊んだり、

縄跳びをして遊んだりと、元気っぷりを見せていました。


今日の前半クラスの稽古にて

生徒たちとの会話より、

学校では先生のお話を聞かず注意を受けることがあるとのこと。

空手教室では、先生の話をきちんと聞けているようだけど、

学校ではできていないことがある。


空手教室だからこうしよう、

学校だからこうしよう、

それぞれの場面的には、その状況に応じた行動をとることが必要です。

でも、基本的な共通事項があります。


例えば、

あいさつをする

先生の話をきちんと聞く

整理整頓をする

などがあります。


生徒にこう伝えました。

空手教室でいくらよくできていても、

学校やお家できちんとできていなければ、

空手教室でよくできたことが台無しになる。

どの場でも、きちんとできることが大切です。

さて、どれくらい生徒が受け止めてくれたか、

今後の行動をじっくり見つめていきたいと思います。


↓↓↓ 小学生前半クラスの様子です。

100本の突き、気合いが足りずさらに追加!

最後の最後、やっと気合いの入った姿を見ることができました。

やればできる!

image.jpg



image1.jpg



image2.jpg



image3.jpg






posted by 友杜矢 at 22:18| 広島 ☀| Comment(0) | 落合教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする