2017年08月13日

半年振り 道場にて稽古


一昨日、半年振りに師匠の道場にて稽古をしてきました。

ちょうどお盆ということもあり、

渋滞が心配でしたが、

何の問題もなくスムーズに進みました。


基本の稽古、ミット打ち、組手の受けなど行いましたが、

ちょっとキレが悪い。

反省の多い稽古となりました。

特に、組手の受けは突きや蹴りをたくさん入れられました。


生徒達には、あれこれ言っていますが、

自分がしっかりできていないと説得力がありません。

がんばります!

やはり、こうして道場に来て自分の動きの確認作業をすることは大事ですね。
















posted by 友杜矢 at 15:30| 広島 ☁| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

四段を取得しました。


昨日、師匠の稽古を受けるため香川県の道場へ行ってきました。

この度 四段を取得しました。


3.jpg



途中ブランクがあったこともあり、

取得まで10年近くかかりましたが、

コツコツと続けてきた結果が、

認められたことにうれしく思います。


技術的なことだけでなく、

空手の理論的な部分においても勉強に励み、

探究心をもって精進していきたいと思います。



↓↓↓ 久しぶりの形の稽古と、受けの稽古

いい勉強になりました!



image5.jpg



image4.jpg








posted by 友杜矢 at 22:10| 広島 ☀| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

半年振りの稽古(香川県高松市にて)


昨日は、半年振りに師匠の下で稽古してきました。

祝日ということもあってか、

こども達の参加が多く、

とてもにぎやかな雰囲気の道場でした。


私が稽古参加したときは、

こども達と組手をします。

こども達は攻撃のみで、私は受ける役です。


中学2年生と3年生、小学6年生の受けをしましたが、

久しぶりにすると、力強さとスピードがアップしていて驚きました。

体格も大きくなり、筋力もついていると、

ひとつひとつの突きや蹴りの圧力もアップしています。

成長を感じました!


そして、最後には大人同士の組手稽古。

この稽古は日頃できないものですから、

いつも道場に来たときはこの稽古を楽しみにしています。

お互いおっちゃんの域に入ってきていますから、

だいぶ動き、反応が遅くなってきています。(笑)


こうして、道場に帰って稽古することで、

基本を確認したり、現状の動きを見直したり、

今後何が必要かといった気づきを受け取ることができます。

このような場があり、師匠がいて、

共に稽古に励む仲間がいることに感謝ですね。


↓↓↓ こんな感じで組手をしています。

お互い久しぶりの組手でしたので、軽めに行いました。

体の動きがぎこちなく足もしっかり上げっていない、

お恥ずかしい映像ですがご覧下さい。









posted by 友杜矢 at 21:04| 広島 | Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

久しぶり+今年最後の先生との稽古


8月に地元(香川県高松市香南町)にて先生の稽古を受けに行ったきり、

それ以降なかなか行けなかったのですが、

この度、やっと稽古を受けに行くことができました。



久しぶりに、棒術の稽古、他の生徒たちの攻撃を受ける

稽古を中心に行いました。

数名の子供生徒の組手(攻撃を受けてあげる受け専門)もよい勉強になりますが、

社会人相手の組手は、緊張感もぐっと高まり、

ものすごく集中するので、日頃味わえない感覚を味わうことができ楽しいです。


先生から、「大久保さん、横の捌きが上手くなってきたね。」と、

お褒めの言葉をいただきました。

何歳になっても、ほめていただけるとうれしいものですね。


翌日は、広島に帰って、落合教室の稽古です。

今年最後の稽古、がんばります!




5.jpg





posted by 友杜矢 at 22:26| 広島 ☁| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

久しぶりに師匠の稽古を受けてきました。



2ヶ月ぶりにうどん県へ!

師匠の稽古を受けに行って来ました。

やはり広島と同じくらい暑さが厳しく、

ちょっと動いただけで汗だくです。

用意していた1ℓのお水があっという間になくなります。

今回、5人の小学生生徒や中学生生徒が稽古に来ていて、

師匠から、「大久保君、子供たちを受けてあげまい(讃岐弁です)」

とのことで、一人ひとりの攻撃を5人連続で受けました。

子供たちは攻撃のみで、私がその攻撃を一人ひとり受けていく稽古です。

私の教室では、生徒達の攻撃をビッグミットで受けるのみだけですが、

師匠の道場では、ある程度受ける+捌く(かわす)ことも行います。

一人当たり5分〜6分×5人分=25分〜30分

ずっと動きっぱなしで、受けている最中は集中しているので

しんどいと感じませんでしたが、

終わって防具を外した途端、ドッと疲れと暑さに襲われしばらく、いや、かなり休憩。

練習不足を痛感いたしました。

今回の稽古で、またいくつか課題を受け取ることができたので、

今後に活かしていきます。


↓この写真は、柔術稽古の様子です。

image.jpg



posted by 友杜矢 at 23:28| 広島 ☀| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする