2016年12月24日

今年最後の、師匠の稽古を受けてきました。


昨日は、半年振りに師匠の稽古(香川県高松市)を受けてきました。

今年は、仕事の都合でなかなか出向くことができず、

やっとこのタイミングで行くことができました。

来年は、もう少し頻度を増やしていこうと思います。


久しぶりに、大人同士での組手稽古。


まずは、私が守り手(防御役)となって、

相手の攻撃を捌く稽古をしました。

直線的な攻撃に対しては、比較的対応できていましたが、

フック気味の突きや掌底は、何度か当てられました。

ちょっと、フェイントにつられすぎかな+慌てすぎかなと反省です。


↓↓↓ 受け(防御)の稽古の様子です。





最後に、組手の稽古


何度か当てることはできましたが、

攻撃が単純で工夫がないかな。

うちの生徒には、工夫しなさいと言ってますが、

これでは説得力がありませんね、もっと稽古を積まないといけません。


↓↓↓ 組手の稽古の様子です。










posted by 友杜矢 at 20:00| 広島 ☁| Comment(0) | 空手練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

勉強のため見学してきました! 〜第27回 広島市空手道選手権大会〜


安佐北区スポーツセンターでうちの子供たちとバドミントンをしに行こうと

センターホームページからスケジュールをチェックしていましたら、

第27回 広島市空手道選手権大会が開催されるとあり、

本日、勉強を兼ねて見学に行って来ました。

安佐北区スポーツセンターの体育館を貸しきっての大会

たくさんの小学生や親御さんが来ており、

会場内は熱気にあふれていました。

ちょうど見学に行ったときは、小学生が組手の試合をしているところで、

元気いっぱい、「エイ!」と気合の入った声を出しながら突きや蹴りを繰り出していました。

上階から拝見しましたが、子供たちの気合がここまで伝わってきます。

一生懸命打ち込む姿はすばらしいですね! 

逆に元気をもらいました。


image.jpg



posted by 友杜矢 at 15:26| 広島 ☁| Comment(0) | 空手練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

読書もひとつの稽古

黒田鉄山先生の本を初めて拝見しました。

image.jpg



動画では何度か拝見していましたけれど、

活字を通して黒田鉄山先生の理論、考え方、捉え方など知ってみたいと思い手にしました。

正直、深い!深すぎる! 

やはり一流といわれる人は、視点が全く違う。

情けないことですが、内容的にも理解できずどういうことなのだろうか?と考え込むところが多かった。

己の未熟さを痛感しました。 

そういう意味では、黒田鉄山先生の本を通して、

自分のレベルを計るよい稽古になりました。




posted by 友杜矢 at 19:12| 広島 ☁| Comment(0) | 空手練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

イメージの重要性

今回で、ひとつ学んでいたトンファーの型が終了した。

現時点では、最初から最後までの流れを順番どおりこなすことだけに集中している。

細かいところを言えば、構え方、手の出し方、角度、間、呼吸、リズム、強弱など

しっかりと押さえなければいけないポイントはたくさんある。

これからを押さえていくためには、ひたすら練習あるのみ。

そして、もうひとつ重要なこと“イメージ”すること。

イメージの重要性を師匠から教わった。

型は、ただ型をやっているのではなく、目の前に相手がいてそれに対してどのような攻撃をし防御をし、

間合いをとりながら進めていくかが大事。 これが完璧にできていくと、型を見ている人からすると、

まるで目の前の相手と戦っているように見えてくる。

こうなるまでには、どれくらい月日いや年月がかかるだろうか?

ひたすら練習あるのみ。

いつかは、自分の型を通じて、見ている人に感動を与えられるようになりたい。

image.jpg






posted by 友杜矢 at 19:54| 広島 ☁| Comment(0) | 空手練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする