2018年05月30日

ふと気づくと、5月最後の稽古日でした。


今日は、倉掛教室の稽古日でした。

もう梅雨入り? と感じるような天気でしたね。


気温はそれほど高くなかったのですが、

湿度が高く、蒸し蒸しした中での稽古となりました。


こうした環境の影響

学校行事での疲れ

いろんなことが心身へダメージを与えます。

その影響でしょうか、

今日は、なんとなくですが生徒たちの動きが緩慢でした。

形の稽古でも、今まで順番も覚えてできていたのに間違っていたり

突きや蹴りのときの声が小さかったり


以前にも記事にアップしたのですが、

私の指導方針として、こういうときに「もっと気合を入れなさい!もっとがんばれ!」

といった指導はいたしません。


今できること、どれくらいの動きや力が出せるかを自分で考えて稽古してもらいます。

(調子が悪いときは、稽古を中断して休ませます。)


無理に気合だ!がんばれだ!は、逆にモチベーションを下げかねませんし、

不安定な状態で続けるとケガにつながる恐れがあります。


今の現状をよく理解して、何ができるか

こうした状況のときは何をするべきか

を考えながら行うことも稽古において大切なことだと思っています。




ふと気づけば、倉掛教室5月最後の稽古日でした。

今年に入ってから、1日、1週間、1ヶ月の経過がさらに加速しているように感じています。

1日1日大事に過ごしていこうと思います。




image.jpg










posted by 友杜矢 at 22:20| 広島 ☁| Comment(0) | 倉掛教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: