2018年05月23日

体をうまく活かす!


今日は、倉掛教室の稽古日でした。

2名ほど振替稽古希望のため、本日は2名での稽古となりました。


二人は、初段を目指している小学5年生と6年生です。

ということもあり、

今日の稽古では、空手の技術的な部分において難易度を上げた内容で進めました。


こちらが伝えていることは、よく理解できているようですが、

体で表現するとなるとこれが難しい。

何度も反復し体得していく必要があります。


その中のひとつ、“ 体をうまく活かす ” について伝えました。

今、突きや蹴りを打っているが、

その力は、本来生徒自身が持っている力の半分くらいです。


何が足りないのだろうか?

そのひとつに、腰が使えていないところがあります。


そこで、意識させながら、腰を使わないパターンと、腰を使うパターンを行い、

その違いを体感しながら進めました。

すると、その違いがわかったようで、ミットに打ち込んでもらいますと、

少し掴んできた様子が窺えました。


あとは、形や組手の場面でそれを体現できるかどうか

今後の取り組みをしっかり見ていきたいと思います。




image1.jpg




image2.jpg




image3.jpg










posted by 友杜矢 at 22:11| 広島 ☔| Comment(0) | 倉掛教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: