2018年04月13日

組手という運動


今日は、深川教室の稽古日でした。

幼児+小学生前半クラス、小学生後半クラスともに

みんな元気に来てくれました!


幼児+小学生前半クラスには、

先週に続き、年長のお子さんが体験入会に来てくれました。

すっかり教室の雰囲気に馴染んでいて、

元気いっぱい力いっぱい体を動かしてくれました。

また来てくださいね!




下の写真にもありますように、

幼児の生徒から、組手の稽古を取り入れています。

内容的には、攻めのみを行います。


幼児にはまだ難しいのでは?

そう感じるかもしれません。

当然、試合形式の組手はできませんし行いません。

なので、攻めのみとしているわけです。


攻めの動きを見てみますと、

突きの出し方、蹴りの出し方は、基本どおりではありません、

勢いに任せていろんな突きや蹴りを出しています。

うまく相手に当たりません。


でも、これでいいんです!

この時期は、基本どおりきちんと打ち込もう!とか、

この角度で打ち込みなさいとかの指導はしません。

とにかく、思いっきり動くこと! 思いっきり声を出すこと!

を大切にしています。


実際の動きを見ていますと、

約1分間ほど行うのですが、かなりの突きと蹴りを出していて、

狭いスペースのなかではありますが、ずっと動きっぱなしです。

かなりの運動量です!


ですので、幼児、小学1年生あたりでは、

組手は運動! という捉え方で取り組んでいます。



3.jpg



image.jpg



image1.jpg






posted by 友杜矢 at 22:51| 広島 | Comment(0) | 深川教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: