2018年05月16日

思いが行動につながります


今日は、倉掛教室の稽古日でした。

じわじわと暑さがやってきましたね。

教室では、2台の扇風機を稼動して稽古しました。

本当の暑さはこれからです。

がんばっていきましょう!



深川教室から、振替の生徒(年長)が参加してくれました。

すごく元気があって一所懸命取り組んでいて、

小学生の生徒に負けていませんよ!


小学生の生徒たちは、それぞれ六級に向けて、初段に向けて

稽古に励んでいるところです。

形の方もだいぶ覚えてきました。


昇級に向けて稽古する時、私からこんな質問をします。

「○級とりたい?がんばりたい?」


と質問をして、生徒がどれくらい思いがあるか、やる気があるかを確認します。

「はい、とりたいです!」とすぐ返事があれば、思い=やる気を感じます。

その思いがあると、一所懸命稽古に励もうと行動に現れています。


この思いがなければ、なかなか次の行動につながりません。

もし、躊躇する生徒がいれば、背中を押す一言をかけます。

「大丈夫! たくさん練習してきたんだからチャレンジしてみなさい!」


と声をかければ、ほとんどの生徒が「がんばります!」と初めの一歩を踏み出します。

まずは、思うことから! ですね。



image.jpg



image1.jpg









posted by 友杜矢 at 21:54| 広島 | Comment(0) | 倉掛教室 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする